メルカリ売上報告(2019年2月)

こんにちは。KAZです。

エディター紹介:KAZ 
アバター

本業ではWEBマーケティングに従事。サイト管理から構築、SEO対策、コンテンツマーケティングを1人で担当する。転職後1ヶ月でサイトリニューアルし、1年半でUUを4.5倍に。年間売上を約7,000万円伸ばす。 が、しかし、給料が全く伸びない悲しきダブルワーカー。フリーランスでの受託や輸入販売業での収入は300万くらい。本業の収入はヒミツ。

メルカリ副業レポート2019年2月の売上報告です。毎週代わり映えのしない記事書くのはコンテンツ的にもSEO的にもよくないので、月1更新にしようと思います。

2019年2月の売上・利益は?

  • 売上高:93,775円(前年比:22.6% 前月比:60.44%)
  • 利益:42,336円(前年比:33.88% 前月比:72.52%)
  • 利益率:45.1%

所感

2019年2月の結果は、売上93,775円、利益42,336円でした。利益ベースで前年比3分の1は辛すぎる数字です。本業だったら発狂しそうな状況ですが、これが副業の良いところですね。昨年までの主力製品の販売を止めたことが大きな下落の原因です。これまでは1つのヒット商品を軸にセット販売などで大きく売上を出してきましたが、需要減+低価格競合の増加で売上は下落。単一商品で売上を重ねる場合は、これがコケると一気に厳しくなるというまぁなんとも当たり前の展開になりました。現在は薄利多売で商品数を増やした販売に切り替えています。2月は新商品を12商品ほど入れました。まだ4商品ほどしか投入してませんが、ちょこちょこと売れている状態です。ただ、メルカリの場合1日の出品数を調整しないとペナルティを受けるので、他商品展開は結構難しいというのが現実です。その点ではYahooショッピングやAmazonは商品数が増えれば増えるほどトータルのPVが上がるので売上を伸ばしやすいですね。そちらの売上が増えればメルカリは止めても良いと思っています。メルカリでは少数の商品で高利益を取るのが一番効率よく儲かるのではないでしょうか。

過去の売上履歴はこちら

データ参考

記載の売上と利益額は、自分で管理している売上帳のデータのため、若干実際の数値と異なります。また。利益額は、売上額から商品原価・梱包費用・配送費用・メルカリ手数料を引いた純利益です。海外仕入商品は、為替レートを120円で固定して計算しているため、やはり実際の利益と異なりますが、記載の利益よりも実際の利益のほうが良くなると思います。

  • この記事を書いた人
page top

CONTACT

MENU